掃除をするとなぜ、からだにも良い気が流れる?

こんにちは。

 

国際薬膳師 提中 知子です。

 

一流の掃除の仕方をプロから学ぶ機会がありました。

 

能率・時間・労力を一切無駄にしない、その動きに、美しいなと感嘆しました。

 

一つ一つの流れは、まさに掃除道と呼べるものでした。

 

洗剤、ほうき、バケツ、たわし各種道具に至るまで、用途・使い方・保管の場所まで固定しています。

 

そして、次の作業のために、いま、どんな道具を使い、どういう作業を、どのような方法で動くのか、考えてすすみます。

 

今の作業が、次の作業につながり、動きが連綿とつながって、掃除道になるのです。

 

掃除だけにとどまらず、これって、からだの不調の悩みの対処法も同じだと思いました。

 

これ、飲めば体にいいかな?っと試しても、なかなか結果が出ないことありますよね。

 

でも、これは、考えると当然のこと。

 

人の体質は、中医学では、すべての人が同じであるはずがないのです。

 

体質をきちんと理解しないまま、適当に選んでも、まったく治らない理由もお分かりですよね。

 

まず、体質を知ることです。

 

掃除道で言えば、道具を適材適所にきちんと配置することかもしれません。

 

スタートを間違うと、どこに向かっているのかわからない、ということになりますね。

 

体質診断で、体質が分かれば、体質に合う食材を見つけていきます。

 

これは、不調の根っこにある病気の大本を治していくために、当然踏むべき作業になります。

 

相談者さまが、健康食品をやめても、いつの間にか気になる不調が治り体質が改善されるのも、同じです。

 

からだの中もきちんとした順序を踏めば、驚くほど、体が変わります。

 

茶道も掃除も、中医学と薬膳も同じ魅力を持ちますね。

 

今の作業(流れ)があるのは、次の作業(流れ)を生かすためです。

 

情報ばかりを求めて、スマホを覗くより、じっくり自分の体のどこが未病で、問題なのか時間をとって考えてみると、視界が少し開けるかもしれませんね。

 

そして、新しいアイデイアは、家の掃除でもして、からだと脳を動かしてみるといいかもしれません。

 

掃除をすると、からだの中も良い気が流れ、やる気が出てきました。

 

掃除一つ、プロに学ぶと、自分の我流の仕方を認識でき、なぜ良くなかったのかが理解できました。

 

掃除のプロの一流に接して、わたしのニガテな掃除ライフも、今後は少し、楽しくなるかなとワクワクしてきます。