トイレが近い体質ってあるのですか?

こんにちは。体質ケアカウンセラー 国際薬膳師の提中 知子です。

 

トイレが近いお悩みの女性の方が、こう聞かれました。

 

ずっとずっと前から、トイレが近いのですが、トイレが近い体質って、そもそも、あるのでしょうか?

 

長年、トイレが近くて悩まれてきた場合、これは体質だから、あきらめないといけないの?と思われがちです。

 

体質というのは、もともと生まれたときに、親から授かっているものです。

 

でも、生まれてから、何を食べて、どんな生活スタイルで過ごしてきたかで、ずいぶん変わるものです。

 

ご両親の体質は、子供はもちろん受け継ぎますが、それがすべてではありません。

 

後天的な要素で、たとえ、体質が弱く生まれても、丈夫になってもいけるのです。

 

ですから、トイレが近いことが、体質だと、考えてもしまいますが、あきらめるのはまだまだ早いです。

 

いくつからでも、トイレが近い悩みは、改善できるものです。

 

「トイレが近いの、体質かな?」っと、あきらめる前に、ぜひ、見直しましょう。

 

今、食べているものは、からだに良いのかどうか、合っているのかどうか。

 

見直していくことが大事です。

 

食べるものも影響は、とても大きいからです。

 

何を食べても、トイレの悩みはなくならないというのは、正しくありません。

 

食べるもので、ずいぶん、トイレの悩みは改善されていくものです。

 

お客様のお声をご紹介します。

 

滋賀県近江八幡市在住  40代 女性

 

足の痛みが出てから、夜中に一度トイレに行くようになりました。

 

提中さんに教えていただいたアドバイスで、食事を少しづつ変えていくと、日に日に、変化が出てきました。

 

冷えていたからだが、温まる感じがあり、それとともに、足の痛みも夜中のトイレ回数も減ってきました。

 

朝まで、ぐっすり眠れるようになりました。

 

ぐっすり眠れると、疲れもスッキリ取れてきました。

 

いかがでしょうか?

 

こちらの女性は、まだ悩みが軽いうちに、サロンを訪ねてくださいました。

 

時期を延ばせばのばすほど、悩みは、徐々に深くなってくるものです。

 

もし、そのまま放っておくと、いずれは、病名を告げられてしまうかもしれません。

 

病名がつかないけれど、それでもトイレが近い。

 

このような状態にこそ、何を食べているかが、大事なのです。

 

食べることを見直すと、徐々に、トイレが近くなくなるのです。

 

ご相談者さまのように、悩みが晴れるよう、わたしにご相談ください。

 

お一人お一人違う体質を見極めて、なるほど、だからトイレが近かったんですねと、理解出来るようサポートいたします。

 

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

頻繁なトイレの回数で、仕事・家事に集中できない悩みを抱える女性をサポートします。

国際薬膳師 提中 知子(だいなか)

 日本国際薬膳師会員

 

薬膳サロン つむぎ

〒520-1231 滋賀県高島市安曇川町川島629番地

営業時間 : 午前9時30分~午後5時

休日 : 祝日・日曜日・不定休の場合がございます

電話番号 : 0740(34)1620 (専用電話)

電話番号 : 09091665326  (お急ぎの方はこちらへお問い合わせください)

ファックス : 0740(34)1620

 

・お客様のお声

薬膳サロンつむぎへのアクセス

・お問い合わせ

国際薬膳師とは