コーヒーをやめても、尿が近いお悩みが消えない理由|滋賀・京都のトイレのお悩みなら薬膳サロンつむぎへ

こんにちは。体質ケアカウンセラー  国際薬膳師

 

提中 知子です。

 

尿が近くて困っているとお悩みの女性が、思い違いされていることがあります。

 

それは、コーヒーに利尿作用があるので、コーヒーを止めると回数が減るという内容です。

 

少しは、尿が近い悩みが消えたけど、やっぱり、コーヒーを止めてもスッキリ解消しない。

コーヒーを飲む習慣を止めてみた。

 

でも、これだけでトイレの回数がどんどん減って、ゼロになるのは少ないと言えます。

 

なぜでしょう?

 

それは、コーヒ以外の他にも、尿が近くなるものを口にされているからです。

 

いくら悩んでいるとしても、コーヒー好きな人が、コーヒーをいきなりやめるのは、つらい場合がありますね。

 

もし、コーヒー以外にも利尿作用のあるものを口にしていると、根本的な解決になりにくいので、気をつけましょう。

 

サロンのご相談者さまの中にも、コーヒー好きの女性が何人かおられました。

 

ある女性は、夜中にトイレが近くなり起きてしまうというお悩みで、困っておられました。

 

今は、コーヒーの量を減らしてはおられますが、1日1杯は飲んでおられるようです。

 

上等のコーヒーを飲むようにされているようです。

 

つまり、この女性のように、好きなコーヒーを止めなくても、尿が近いお悩みは、スッキリ解決できるということです。

 

こちらの女性は、尿のお悩みのほかにも、別のお悩みを抱え、病院のお薬も飲んでおられました。

 

今は、お薬の量も少しづつ減り、飲んでおられた貧血のお薬は、もう必要ないですと、病院のお医者様に言われたそうです。

 

トイレが近いお悩みは、一時だけの、対処療法では、また、ぶり返してしまうかもしれません。

 

トイレが近くなる原因を知って、対処の仕方を知れば、誰でも、悩みは解決出来るものです。

 

その対処法とは、特別なものではありません。

 

健康食品でも、サプリでもありません。

 

あなたが一人でトイレの悩みに困り果てずに、ふだんを明るく普通に過ごせるよう、お手伝いをさせていただきます。

 

また、明日もお読みくださると嬉しいです。

 

 

頻繁なトイレの回数で、仕事・家事に集中できない悩みを抱える女性をサポートします。

        

国際薬膳師 提中 知子(だいなか)

 

日本国際薬膳師会員

 

薬膳サロン つむぎ 

 

〒520-1231 滋賀県高島市安曇川町川島629番地

営業時間 : 午前9時30分~午後5時

休日 : 祝日・日曜日不定休の場合がございます

電話番号 : 0740(34)1620 (サロン専用電話)

電話番号 : 09091665326 (専用電話)

お急ぎの方は、こちらへお問い合わせください。

ファックス : 0740(34)1620  24時間お問い合わせ受付中

・お客様のお声

・提中 知子プロフィール

・薬膳サロンつむぎへのアクセス

・お問い合わせ

・国際薬膳師とは